Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

ラスター地形解析プラグイン

demAnalysis ラスタ地形分析プラグインは、数値標高モデル(DEM)のために傾斜、傾斜方向、陰影起伏、凹凸インデックスと起伏を計算するために使用できます。処理するために非常に簡単で、新しいラスターレイヤーを作成するための直感的なグラフィカル・ユーザー・インターフェースを提供します(Figure_raster_terrain_1_を参照)。

分析の説明:

  • 傾斜:各セルの傾斜角を度単位で計算する(一時導関数の推定に基づく)。

  • 傾斜方位: 説明 (反時計回りに、北方向は0から始まる) .

  • 陰影起伏 :影付きレリーフマップのより立体感を提供するために、光と影を用いて陰影マップを作成します。出力マップは、ピクセルのグレー値を反映した単一バンドの灰色です。

  • 起伏度指標: Riley et al. (1999) により述べられている地形の不均一性を定量的に示す. 3x3グリッドごとに全ての場所ごとに標高の変化を要約して計算します.

  • 起伏 :デジタル標高データから 陰影起伏図を作成します。実装は、周波数分布を解析することにより、昇降色を選択する方法です。出力マップは、陰影起伏のRGB値を反映した3つのバンドを有するマルチバンドの色です。

Figure Raster Terrain 1:

../../../_images/raster_terrain_dialog.png

ラスター地形解析プラグイン (傾斜計算)

プラグインの利用

  1. QGISを起動し、GRASSサンプルの場所から gtopo30 ラスタレイヤをロードします。

  2. ラスター地形解析プラグインをプラグインマネージャーで読み込む (プラグインダイアログ 参照)

  3. メニューから解析手法を選択します (例. ラスタ ‣ 地形解析 ‣ 傾斜). 傾斜 ダイアログが Figure_raster_terrain_1 のように表示されます.

  4. 出力ファイルパスおよび出力ファイルタイプを指定します。

  5. [OK] をクリックします。