Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

メタサーチカタログのクライアント

前書き

メタサーチは、Web(CSW)の標準のためのOGCカタログ・サービスをサポートする、メタデータカタログ・サービスと対話するQGISプラグインです。

メタサーチはQGIS内のメタデータ・カタログの検索に簡単で直感的なアプローチでユーザーフレンドリーなインターフェースを提供します。

../../../_images/metasearch-splash.png

インストール

メタサーチはQGIS 2.0以降にデフォルトで含まれています。すべての依存関係は、メタサーチの中に含まれています。

QGISプラグインマネージャからメタサーチをインストールする、または手動でhttp://plugins.qgis.org/plugins/MetaSearchから。

QGISでメタデータカタログを使用した作業

CSW(Web用カタログサービス)

CSW(Web用カタログサービス) を発見するために、共通のインタフェースを定義し OGC(オープン地理空間コンソーシアム) 仕様、閲覧やデータ、サービス、およびその他の潜在的なリソースに関するクエリのメタデータです。

起動

MetaSearchを開始するには、 metasearch をクリックします。アイコンを選択するか、QGISメインメニューから Web-> MetaSearch-> MetaSearch を選択します。 MetaSearchダイアログが表示されます。メインGUIは、 ServicesSearchSettings の3つのタブで構成されています。

カタログサービスの管理

../../../_images/metasearch-services.png

カタログサービスの管理

Services タブでは、利用者が利用可能なすべてのカタログ・サービスを管理できます。メタサーチは、 [デフォルトのサービスを追加] ボタンを押して追加できる、カタログサービスのデフォルトのリストを提供します。

表示されているすべてのカタログ・サービス・エントリには、ドロップダウン選択ボックスをクリックしてください。

カタログ・サービス・エントリを追加するには、 [新規] ボタンをクリックし、 URL (エンドポイント)サービス、などのために NAME を入力します。唯一のベースURLが必要であることに注意してください(GetCapabilitiesの完全URLではない)。 [OK] をクリックするとエントリのリストにサービスを追加します。

既存のカタログ・サービス・エントリを編集するには、変更したい項目を選択し、 [編集] ボタンをクリックして、 nameURL 値を編集し、 [OK] をクリックします。

カタログ・サービス・エントリを削除するには、削除したい項目を選択して、 [削除] ボタンをクリックします。エントリの削除を確認するメッセージが表示されます。

メタサーチは、読み込みとXMLファイルへの接続を保存できます。アプリケーション間で設定を共有する必要がある場合に便利です。以下は、XMLファイル形式の一例です。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<qgsCSWConnections version="1.0">
    <csw name="Data.gov CSW" url="http://catalog.data.gov/csw-all"/>
    <csw name="Geonorge - National CSW service for Norway" url="http://www.geonorge.no/geonetwork/srv/eng/csw"/>
    <csw name="Geoportale Nazionale - Servizio di ricerca Italiano" url="http://www.pcn.minambiente.it/geoportal/csw"/>
    <csw name="LINZ Data Service" url="http://data.linz.govt.nz/feeds/csw"/>
    <csw name="Nationaal Georegister (Nederland)" url="http://www.nationaalgeoregister.nl/geonetwork/srv/eng/csw"/>
    <csw name="RNDT - Repertorio Nazionale dei Dati Territoriali - Servizio di ricerca" url="http://www.rndt.gov.it/RNDT/CSW"/>
    <csw name="UK Location Catalogue Publishing Service" url="http://csw.data.gov.uk/geonetwork/srv/en/csw"/>
    <csw name="UNEP/GRID-Geneva Metadata Catalog" url="http://metadata.grid.unep.ch:8080/geonetwork/srv/eng/csw"/>
</qgsCSWConnections>

エントリのリストをロードするには、 [読み込み] ボタンをクリックしてください。新しいウィンドウが表示されます。 [参照] ボタンをクリックし、 [開く] をロードし、クリックしたいエントリのXMLファイルに移動します。エントリのリストが表示されます。リストから追加したい項目を選択し、 [読み込み] をクリックします。

[サービス情報] ボタンをクリックすると、サービスID、サービスプロバイダ、連絡先情報など、選択したカタログサービスに関する情報が表示されます。生のXMLレスポンスを表示するには、 [GetCapabilitiesレスポンス] ボタンをクリックします。 Capabilities XMLを表示する別のウィンドウが開きます。

検索カタログサービス

../../../_images/metasearch-search.png

カタログサービスの検索

Search タブでは、ユーザーがデータやサービス、設定された各種検索パラメータと表示結果のカタログサービスを照会できます。

次の検索パラメータを使用できます。

  • Keywords :フリーテキスト検索キーワード

  • From :カタログ・サービスはに対してクエリを実行します

  • バウンディングボックス :フィルタを適用するために、XmaxXminYmax 、および Ymin によって定義された関心の空間領域 。のみ表示エリアで検索を行うか、手動で必要に応じてカスタム値を入力する、グローバル検索を行う [地図の範囲] をクリックして ** [グローバル設定]** をクリックしてください

[検索] ボタンをクリックすると、選択したメタデータ・カタログを検索します。検索結果がリストに表示され、列のタイトルをクリックすることでソート可能です。検索結果の下の方向ボタンと、検索結果をナビゲートできます。 [XMLとして表示検索結果] ボタンをクリックすると、未加工のXML形式のサービス応答とウィンドウが開きます。

結果をクリックすると、以下のオプションが用意されています:

  • メタデータレコードは、関連するバウンディングボックスを持っている場合は、バウンディングボックスのフットプリントは、地図上に表示されます

  • ダブルクリックするレコードは、関連するアクセスリンクを持つレコードのメタデータを表示します。リンクをクリックすると、ユーザのWebブラウザでリンクを開きます

  • レコードはOGCウェブサービス(WMS/WMTS、WFS、WCS)、適切な [WMS/WMTS|WFS|WCSに追加] ボタンがQGISに追加するユーザーのために有効になります。このボタンをクリックすると、これは有効なOWSであれば、メタサーチを確認します。OWSは、適切なQGISの接続リストに追加され、適切なWMS/WMTS|WFS|WCS接続ダイアログは、表示されます

../../../_images/metasearch-record-metadata.png

メタデータレコードの表示

設定

../../../_images/metasearch-settings.png

メタサーチの設定

settings 以下でチューニングメタサーチを細かくすることができます:

  • 接続naming :OWSの接続を追加(WMS/WMTS|WFS|WCS)、接続は、様々なQGISレイヤープロバイダに格納されています。上書きするかどうかを、メタサーチから提供された名前を使用するか、一時的な名前を使用するかどうかを設定するには、この設定を使用します

  • 結果はpaging :メタデータカタログを検索するときに、結果の数は、ページごとに表示するように。デフォルト値は10です

  • Timeout:メタデータカタログの検索、接続の試みを阻止するための秒数。デフォルト値は10です