Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

ヒートマッププラグイン

`Heatmap`プラグインは、入力点ベクトルレイヤーの密度(ヒートマップ)ラスタを作成するために、カーネル密度推定を使用します。密度は、より大きな値が得られるクラスタ化点の多数と、位置の点の数に基づいて計算されます。ヒートマップは、「ホットスポット」との点のクラスタリングを容易に識別できます。

ヒートマッププラグインの有効化

このコアプラグインはプラグインマネージャ ( load_core_plugin のセクションを参照)を使って有効にする必要があります。それからヒートマップアイコン heatmap が有効になったこと、 ラスタ ‣ ヒートマップ メニューをラスタツールバーで確認できます。

ラスタツールバーが表示されない場合は 表示 ‣ ツールバー ‣ ラスタ を選択してツールバーを表示しましょう。

ヒートマッププラグインの利用

heatmap ヒートマップ ツールボタンをクリックし、ヒートマッププラグインダイアログ (figure_heatmap_2 を参照)を開きます。

ダイアログには次のオプションがあります:

  • 入力ポイントレイヤ : カレントプロジェクト内の すべてのベクタポイントレイヤのリストであり、選択したレイヤが分析に使われます。

  • 出力ラスタ :ヒートマッププラグインが生成する出力ラスタのフォルダとファイル名を選択するための browseButton ボタンを使用できます。ファイルの拡張子は必要ありません。

  • 出力フォーマットは、:出力形式を選択します。GDALでサポートされているすべての形式を選択することができますが、ほとんどの場合、GeoTIFFのは、選択するための最適な形式です。

  • 半径:メートルまたはマップ単位でのヒートマップ検索半径(またはカーネルの帯域幅)を指定するために使用されます。半径は、点の影響が感じされる点の周りの距離を指定します。より大きな値は、より平滑化をもたらすが、より小さな値は、点密度の細かい細部及び変化を示してもよいです。

checkbox アドバンスト チェックボックスにチェックが入っている場合、追加のオプションが利用可能です。

  • :出力ラスタの寸法を変更するために使用します。これらの値は、 セルサイズXセルサイズY の値にリンクされています。行または列の数を増やすと、セルサイズを小さくし、出力ファイルのファイルサイズが大きくなります。行と列の値は、その行の数が自動的に列の数を2倍になり、セルサイズも半分になります倍増し、リンクされています。出力ラスタの地理的領域は同じままになります!

  • セルサイズX 及び セルサイズY :出力ラスタ内の各画素の地理的サイズを制御します。これらの値を変更すると、出力ラスタの行と列の数を変更します。

  • カーネル形状:カーネルの形状は、点の影響は、点からの距離が増加するにつれて減少する速度を制御します。異なる速度で異なるカーネルの崩壊は、そのtriweightカーネルを与え、その後Epanechnikovカーネルはない点に近い距離に重点を提供しています。その結果、「スムーズな」ホットスポットに「シャープな」ホットスポットでの結果、およびEpanechnikov結果をtriweight。標準的なカーネル関数の数が記載されWikipedia_に示されているQGISに入手可能です。

  • 減衰比 :地物からの熱がその地物からの距離に伴ってどのように減少するかをさらに制御するために三角カーネルで使用できます。

    • 0(=最小値)の値は、熱は所定の半径の中心に集中し、縁では完全に消滅するであろうことを示しています。

    • 0.5の値は、半径の端のピクセルは、検索半径の中心にピクセルとして半分のヒートを与えられることを示しています。

    • 1の値は、ヒートが探索半径の円全体上に均等に分散されていることを示します。 (これは「画一的な」カーネルに相当します)

    • 1より大きい値は、熱が中央部よりも検索範囲の縁に対して高いことを示している。

入力ポイントレイヤはヒートマップにどれくらい影響をおよぼすかの属性フィールドを持ちえます。

  • フィールドから半径を使用する:入力レイヤの属性フィールドから、各フィーチャの検索半径を設定します。

  • フィールドから重量を使用 :入力地物が属性フィールドで重み付けされることを許可します。これを使用すると、特定の地物が結果のヒートマップ上で持つ影響力を増やせます。

出力ラスタファイル名を指定したら、[OK] ボタンが利用でき、ヒートマップを作成します。

チュートリアル:ヒートマップの作成

For the following example, we will use the airports vector point layer from the QGIS sample dataset (see サンプルデータ). Another excellent QGIS tutorial on making heatmaps can be found at http://www.qgistutorials.com.

Figure_Heatmap_1 ではアラスカの空港が示されてます。

Figure Heatmap 1:

../../../_images/heatmap_start.png

アラスカ州の空港

  1. heatmap ヒートマップ ツールボタンを選択しヒートマップダイアログ(Figure_Heatmap_2 を参照) を開きます。

  2. 入力点layer selectString フィールド中で、現在のプロジェクトにロードされたポイントレイヤのリストから airports を選択します。

  3. 出力raster フィールドの横の browseButton ボタンをクリックすることで、出力ファイル名を指定します。ファイル名を入力します heatmap_airports (ファイル拡張子は必要ありません)。

  4. 出力フォーマット はデフォルトのフォーマットである``GeoTIFF``にしておきます。

  5. 半径1000000 メートルに変更します。

  6. [OK] をクリックし、空港のヒートマップを作成および読み込みます ( Figure_Heatmap_3 を参照)

Figure Heatmap 2:

../../../_images/heatmap_dialog.png

ヒートマップダイアログ

QGISは、ヒートマップを生成し、地図ウィンドウに結果を追加します。デフォルトでは、ヒートマップは、空港の高い濃度を示した明るい領域と、グレースケールで網掛けされています。今、ヒートマップはQGISでスタイル設定することで見た目を改善できます。

Figure Heatmap 3:

../../../_images/heatmap_loaded_grey.png

負荷後のヒートマップは、グレーの表面のように見えます

  1. heatmap_airports レイヤのプロパティダイアログを開きます( heatmap_airports レイヤを選択し、右ボタンでクリックしてコンテキストメニューを開き プロパティ を選択します)

  2. スタイル タブを選択します。

  3. レンダリングtype selectString を「Singleband擬似」へ変更します 。

  4. 適した 色マップ selectString 、例えば YlOrRed を選択します。

  5. [読み込み] ボタンをクリックし、ラスタから最小および最大値を読み込み、**[分類]**ボタンをクリックします。

  6. [OK] を押しレイヤを更新します。

最終的な結果は Figure_Heatmap_4 に示してあります。

Figure Heatmap 4:

../../../_images/heatmap_loaded_colour.png

アラスカ州の空港のスタイルのヒートマップ