Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

ジオメトリチェッカープラグイン

ジオメトリチェッカーは、レイヤーの幾何学的妥当性をチェックし、修正するための強力なコアプラグインです。 ジオメトリChecker ダイアログは最初のタブ( Settings )中にさまざまなグループ化された設定を表示します:

  • 入力ベクトルlayer :チェックするレイヤーを選択します。 checkbox 選択地物のみ チェックボックスによりジオメトリを選択されたものにフィルタできます。

  • ジオメトリvalidity は、 自己交差重複ノードノード3未満のポリゴン の中でユーザーに選択肢を与えます。

  • 可能なジオメトリタイプ :ポイント、マルチポイント、ライン、マルチライン、ポリゴンとマルチポリゴンのような唯一のいくつかのジオメトリタイプを許可します。

  • ジオメトリpropertiescheckbox ポリゴンとマルチポリゴンは、任意のholesを含めることはできないcheckbox マルチパートオブジェクトは複数の部分で構成する必要がある を表示します。

  • ジオメトリconditions :ユーザーが最小セグメント長、セグメント間の最小角度、最小多角形領域とスライバポリゴン検出と形状を検証するために、いくつかの条件を追加できます。

  • トポロジchecks :重複のチェックは、他の特徴の中の特徴のために、数よりも少ないギャップを、数よりも少なく重なります。

  • 許容誤差 :ここでチェックのための許容範囲を定義できます。

  • 出力ベクトルlayer 現在のレイヤーを修正するか、新しいレイヤーを作成するか、で結果を取得する方法についてユーザーに選択肢を与えます。

設定に満足したら、 [ファイル名を指定して実行] ボタンをクリックできます。

結果は、2番目のタブに表示され、キャンバスのエラーの概要レイヤーとして(その名前は チェッカー です)。テーブルリスト ジオメトリチェックresult 行ずつエラーが発生した:最初の行は、第二、エラーの理由IDであり、エラーの次に、座標値(エラーの種類に応じて)、最終的にエラーの解像度を示す解像度カラム。この表の一番下に、シェープファイルにエラーをエクスポートできます。左には、エラーと修正されたエラーの数があります。

Figure Geometry Checker:

../../../_images/check_geometries.png

ジオメトリチェッカープラグイン

*ジオメトリチェッカープラグイン*は、次のエラーを見つけることができます。

  • 自己交差点:自己交差点を持つポリゴン、

  • 重複ノード:セグメント内の2つの複製ノード

  • 穴:多角形の穴、

  • 辺長:閾値より低い辺長、

  • 最小角度:閾値より低い角度を有する2辺

  • 最小面積:閾値より低い面積のポリゴン、

  • 銀ポリゴン:大きい周囲を有する非常に小さなポリゴンから来るこのエラー(小面積で)、

  • 重複する地物、

  • 地物内の地物、

  • 重なり:ポリゴンの重なり、

  • ギャップ: ポリゴン間のギャップ

次の図は、プラグインによって作られた別のチェックを示しています。

Figure The Differents checks supported by the plugin

../../../_images/geometry_checker_scheme.png

プラグインでサポートされている貴様チェック

エラーの局在を見るために行を選択できます。 エラー (デフォルト)、 地物moveはいけないcheckbox 選択featuresの輪郭をハイライト 中で別のアクションを選択することで、この動作を変更できます。

テーブル行をクリックするとズームアクション下の、 属性tableに選択した地物を表示デフォルト解像度を使用して選択されたエラーを修正 と、 選択したエラーを修正、解像度メソッドの入力を求める ができます。後者では、解像度の方法間で選択するウィンドウが表示されます:

  • 最長共有エッジに隣接するポリゴンとマージ

  • 最大の面積を持つ隣接ポリゴンとマージ

  • もしある場合は隣接ポリゴンの同一の属性値をマージ、ない場合はそのまま残す

  • 地物を削除します

  • 何もしない

ちなみに

複数のエラーを修正します

CTRL+クリック アクションで、テーブルに複数の行を選択することで、複数のエラーを修正できます。

エラー解像度settings デフォルトのアクションは、最後のアイコンを変更できます。 NO action エラーのいくつかのタイプのために、いくつかの特定のアクションや間のデフォルトの動作を変更できます。

最後に、 属性[値]で地物をマージするのに使用する属性 がどれか選択できます