Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

DB マネージャプラグイン

DB管理プラグインが正式QGISコアの一部であり、1つのユーザーインターフェースにQGIS(PostGISの、SpatiaLite、Geopackage、Oracle Spatialの仮想レイヤ)によってサポートされる空間データベースフォーマットを統合し、管理するための主要なツールであることが意図されています。dbManager DB Manager プラグインはいくつかの機能を提供します。DB ManagerにQGISブラウザからレイヤーをドラッグでき、そしてそれは空間データベースにレイヤーをインポートします。空間データベースと、それらは輸入されますとの間にテーブルをドラッグ&ドロップできます。

Figure DB Manager 1:

../../../_images/db_manager.png

DBマネージャ]ダイアログ

Database メニューでは、既存データベースに接続、 SQLウィンドウを開始、DB マネージャプラグインを終了できます。 既存のデータベースに接続すると、メニュー SchemaTable が追加で表示されます。

Schema メニューにはスキーマを作成したり削除(empty)するツールが含まれています,そしてもしトポロジが有効であるなら ( たとえば PostGIS 2 ) TopoViewer を利用できます.

Table メニューは、作成および編集テーブルとテーブルとビューを削除できます。テーブルを空にし、別のスキーマからのテーブルを移動することも可能です。さらなる機能として、VACUUMを実行し、その後選択した各テーブルに対してANALYZE実行できます。プレーンVACUUMは単に領域を回収し、再利用できるようにします。クエリを実行するための最も効率的な方法を決定するための更新プログラムの統計を分析。最後に、それらがQGISにロードされている場合は、レイヤー/ファイルをインポートしたり、ファイルシステムに存在することができます。そして、書出ファイルの機能を形作るためにデータベーステーブルを書出できます。

Tree ウィンドウではQGISでサポートされているすべての既存のデータベースを一覧表示します。ダブルクリックで、データベースに接続できます。マウスの右ボタンを使用すると、既存のスキーマとテーブルの名前を変更し、削除できます。テーブルはまた、コンテキストメニューをQGISキャンバスに追加できます。

データベースに接続されている場合DBマネージャの メイン ウィンドウでは3個のタブが提供されます. Info タブではテーブルとそのジオメトリの情報が既存フィールドや制約やインデックス情報と同じように提供されます. また選択テーブルに対して作業が行われていない場合ヴァキューム解析や空間インデックスの作成を行うことができます. Table タブではすべての属性を表示し Preview タブではジオメトリのプレビューを描画します.

SQLウィンドウでの作業

また、空間データベースに対してSQLクエリを実行し、クエリレイヤとしてQGISに結果を追加することによって、クエリの空間的な出力を表示するDB Managerを使用できます。押したときに実行されるSQLおよびその部分のみの部分を強調することが可能である F5 または 実行(F5) ボタンをクリックしてください。

Figure DB Manager 2:

../../../_images/db_manager_sql.png

DB ManagerのSQLウィンドウでSQLクエリを実行します