Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

17.33. 処理のためのR構文の概要表

Module contributed by Matteo Ghetta - funded by Scuola Superiore Sant’Anna

処理は、スクリプト本体で使用することができる、多くの異なった入力と出力パラメータを可能にします。これは概要表です:

17.33.1. 入力パラメータ

パラメータ

構文の例

オブジェクトを返します

ベクタ

Layer = vector SpatialDataFrame object, default object of rgdal package

ベクトルポイント

レイヤー=ベクトルポイント

SpatialPointDataFrame object, default object of rgdal package

ベクトルライン

Layer = vector line SpatialLineDataFrame object, default object of rgdal package
vector polygon Layer = vector polygon SpatialPolygonsDataFrame object, default object of rgdal package
multiple vector Layer = multiple vector SpatialDataFrame objects, default object of rgdal package
table Layer = table dataframe conversion from csv, default object of read.csv function
field Field = Field Layer name of the Field selected, e.g. "Area"
raster Layer = raster RasterBrick object, default object of raster package
multiple raster Layer = multiple raster RasterBrick objects, default object of raster package
number N = number integer or floating number chosen
string S = string string added in the box
longstring LS = longstring string added in the box, could be longer then the normal string
selection S = selection first;second;third string of the selected item chosen in the dropdown menu
crs C = crs string of the resulting CRS chosen, in the format: "EPGS:4326"

範囲

E = extent Extent object of the raster package, you can extract values as E@xmin
point P = point

地図をクリックすると点の座標が得られます

ファイル

F = file path of the file chosen, e.g. “/home/matteo/file.txt”
folder F = folder path of the folder chosen, e.g. “/home/matteo/Downloads”

入力のいずれかが オプション にもでき、それはこのパラメータを無視するようにスクリプトに指示するための便利な方法を持っていることを意味します。

入力をオプションとして設定するためには、その入力の に文字列 optional を追加する必要があるだけです、例えば:

##Layer = vector
##Field1 = Field Layer
##Field2 = optional Field Layer

17.33.2. Output parameters

出力パラメータは、スクリプトの先頭で与えた 入力 名前を取ると、したいオブジェクトを書き込みます。

パラメータ

構文の例

ベクタ

Output = output vector
raster Output = output raster
table Output = output table

ファイル

Output = output file

ノート

プロット入力タイプのために、 処理結果ビューアー から直接 `` png``としてプロットを保存できます。また、アルゴリズムのインターフェイスから直接プロットを保存するように選択できます

17.33.3. Examples

入力と出力のパラメータすべてをより理解するためには、 R Syntax chapter を見てください。