Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

2.3. Lesson: インタフェースのあらまし

インターフェイスの基本的な構造を形成するメニュー、ツールバー、マップキャンバスとレイヤーリストに慣れてもらえるよう、私たちは、QGISのユーザーインターフェイスを探る。

このレッスンの目標: QGISのユーザインタフェースの基礎を理解する。

2.3.1. basic Try Yourself:基礎

../../../_images/gui_numbered.png

上の図で特定される要素は以下のとおりです:

  1. レイヤリスト/ブラウザパネル

  2. ツールバー

  3. マップキャンバス

  4. ステータスバー

  5. サイドツールバー

2.3.1.1. basic レイヤリスト

レイヤリストでは、いつでも、あなたが利用可能な時に、すべてのレイヤのリストを見ることができます。

(横にある矢印やプラス記号をクリックして)折りたたまれたアイテムを展開すると、レイヤの現在の見た目について多くの情報を提供します。

レイヤーを右クリックすると、多くの追加オプションとメニューを提供します。あなたはやがて、それらのいくつかを使用するでしょうから、その周辺を見てみます!

QGISのバージョンによっては 表示順を調整する セパレートと レイヤリストの下のチェックボックスがあります。それが見つからなくても心配いりません。それが存在するなら、現在チェックが入っています。

ノート

ベクタレイヤは、道路、樹木のような一般的に特定の種類のオブジェクトのデータの集合体です。ベクタレイヤはポイント、ライン、ポリゴンのいずれかで構成されます。

2.3.1.2. basic ブラウザパネル

QGISブラウザは、あなたのデータセットに簡単にナビゲートさせるためのQGISのパネルです。一般的なベクタファイル(e.g. ESRI シェープファイル または MapInfo ファイル) 、データベース(e.g.PostGIS, Oracle, Spatialite または MSSQL Spatial) そしてWMS/WFS 接続にアクセスできます。また、GRASSデータの表示が可能です。

2.3.1.3. basic ツールバー

ツールの最もしばしば使われるセットは、基本的なアクセスのためのツールバーに変換できます。例えば、ファイルのツールバーには、保存、読み込み、印刷、および新しいプロジェクトを開始できます。 設定- > Toolbars メニュー を介して、必要に応じてツールバーを追加または削除、最も頻繁に使用するツールだけを参照するためのインタフェースを簡単にカスタマイズできます。

それらは、ツールバーに表示されていない場合でも、すべてのツールは、メニューを介してアクセス可能なままになります。削除する場合たとえば、:guilabel:(含まれています Save ボタン)` File`ツールバーを、まだ Project メニュー、次にクリック Save をクリックして地図を保存できます。

2.3.1.4. basic マップキャンバス

マップ自体が表示されている場所です。

2.3.1.5. basic ステータスバー

現在の地図に関する情報を記しています。また、地図の縮尺を調整し、地図上にマウスカーソルの座標を表示することができます。

2.3.2. basic Try Yourself 1

上の図を参照することなく、自分自身の画面に上記の4つの要素を識別するようにしてください。自分の名前と機能を特定できます参照してください。数日中にそれらを使用するように、これらの要素に慣れてくるだろう。

Check your results

2.3.3. basic Try Yourself 2

画面にこれらの各ツールを探してみてください。彼らの目的は何ですか?

  1. fileSaveAs

  2. zoomToLayer

  3. whatsThis

  4. ../../../_images/toggle_render.png
  5. measure

ノート

これらのツールのいずれかが画面に表示されていない場合は、現在隠されているいくつかのツールバーを有効にしてみてください。また、画面上に十分なスペースがない場合は、ツールバーがそのツールの一部を隠すことによって短縮できることに注意してください。どのように崩壊し、ツールバーで二重の右矢印ボタンをクリックして非表示のツールを見ることができます。しばらくの間、ツールの上にマウスを保持することにより、任意のツールの名前でツールチップを表示できます。

Check your results

2.3.4. What’s Next?

今、QGISインターフェースは利用可能なツールを使用して、地図上の改善を開始でき、どのように機能するかを見てきました!これは、次のレッスンのトピックです。