Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

3.1. Lesson: ベクタデータの操作

おそらくベクトルデータは, あなたが毎日GISを使うデータの中で最も一般的な種類でしょう. ここでは地理データに関してのラインとポリゴンについて説明しています. ベクトルデータセット内のすべてのオブジェクトは**feature**と呼ばれ, その特徴を記述したデータに関連付けられています.

このレッスンの目標: ベクトルデータの構造と, どのようにマップへベクトルデータをロードするかを学びます.

3.1.1. basic Follow Along: レイヤー属性の表示

これは, オブジェクトが**どの場所**にあるのか, 使用されているデータだけで表現されていない事を知っておくのが重要です. またこれらのオブジェクトが**どのようなもの**であるかがわかります.

前のレッスンで使用した roads レイヤーがマップにロードされている必要があります. 今あなたが見ることができるのは単なる道路の位置だけです.

選択された roads を見えるように表示するには, レイヤーパネル:

  • attributes ボタンをクリックします.

roads に関してより多くのデータが記録されたテーブルが表示されます. この追加データは 属性データ と呼ばれています. 行はマップ上で道路をどのように表現するかを表しています.

これらの定義は一般的にGISで使用されているので, 定義を覚えておくことは不可欠です!

  • ここで属性テーブルを閉じてください.

ベクトルデータは, 座標平面上で点, 線, 多角形の面での地物を表しています. これは通常, 道路や街区のような個別の地物を格納するために使用されています.

3.1.2. basic Follow Along: シェープファイルによるベクトルデータのロード

シェープファイルは, 関連するグループのファイルにGISデータを保存することができる特定のファイル形式です. 各レイヤは, 同じ名前で拡張子の異なる複数のファイルで構成されます. シェープファイルはほとんどのGISソフトウェアで読むことができるので, あちこちに送ることが容易です.

ベクトルレイヤを追加する方法については, 前のセクションでの練習を参照してください.

同じ方法で、次のマップへの `epsg4326`フォルダ:ファイル:データ・セットをロードします。

  • “場所”

  • “水域”

  • “河川”

  • “建物”

結果をチェック

3.1.3. basic Follow Along: データベースによるベクトルデータのロード

データベースを使用すると、関連付けられた大量のデータを1つのファイルに保存できます。読者は既にMicrosoft Accessなどのデータベース管理システム(DBMS)に精通しているかもしれません。GISアプリケーションでもデータベースを利用できます。GIS固有のDBMS(たとえば、PostGISなど)は、空間データを処理する必要があるためは、余分な機能があります。

  • このアイコンをクリックしてください:| addSpatiaLiteLayer |

(もしそれが全く表示されない場合は、 レイヤ管理 ツールバーのチェックが有効になっているか確認します。)

新しいダイアログが表示されます。このダイアログで:

  • Click the New button.
  • 同じ:file:` epsg4326`フォルダ中で:file:` landuse.sqlite`ファイルを見つける必要があります。それを選択し、:guilabel: `開く`をクリックしてください。

今、再び最初のダイアログが表示されます。ドロップダウンが三つのボタンの上に選択していることに注意してくださいすることは、今お使いのコンピュータ上のデータベースファイルのパスに続いて、「landuse.sqlite @ ...」読み込みます。

  • 接続 ボタンをクリックします。空のボックスでこのように見えるはずです:

../../../_images/spatiallite_dialog_connected.png
  • Click on the landuse layer to select it, then click Add

ノート

地図を保存することをよく忘れるのでご注意ください!地図ファイルは、どのデータも直接は含みませんが、地図にロードされたレイヤーを記憶しています。

結果の確認

3.1.4. Follow Along: レイヤの順序入れ替え

レイヤーリストにあるレイヤーは、特定の順序でマップ上に描かれています。リストの一番下にあるレイヤーが最初に描かれ、そして一番上のレイヤーは最後に描かれます。リストに表示される順を変更することで、それらが描かれる順序を変更できます。

ノート

使用しているQGISのバージョンによっては、レイヤーリストの:guilabel: `レンダリング順序を制御する`読みの下にチェックボックスがあるかもしれません。レイヤーをレイヤーリスト内で上下移動することで地図内での表示が前面や背面になるよう、これをチェック(オン)する必要があります。このオプションがないQGISのバージョンの場合は、デフォルトでオンになっていますので、心配する必要はありません。

レイヤーがマップにロードされた順序は、おそらくこの段階では論理的ではありません。他のレイヤーがその上にあることで道路レイヤーが完全に隠れている可能性があります。

たとえば、このレイヤ順では・・・

../../../_images/incorrect_layer_order.png

...道路や場所は市街地の*下*に実行されるので隠される結果になります。

問題を解決するために:

  • レイヤーリスト中でレイヤーをクリックしてドラッグします。

  • こう見えるようにそれらの順番を入れ替えます:

../../../_images/correct_layer_order.png

地図は現在、土地利用領域の上に表示される道路や建物で、視覚的により理にかなっていることがわかります。

3.1.5. In Conclusion

今、いくつかの異なるソースから必要なすべてのレイヤーを追加しました。

3.1.6. What’s Next?

レイヤーをロードするときに自動的に割り当てられるランダムなパレットを使用すると、現在のマップはおそらく読みやすくはありません。色や記号を自分で選択して割り当てることが望ましいでしょう。これは、次のレッスンで方法を学ぶことです。