Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

空間検索プラグイン

spatialquery 空間検索 プラグインは、他のレイヤを参照して、ターゲットレイヤで空間クエリを作成する(地物を選択する)ことを可能とします。この機能はGEOSライブラリにもとづいており、選択したソースフィーチャレイヤに依存します。

利用可能な演算子:

  • 含む

  • 一致する

  • 重複する

  • 横切る

  • 交差する

  • 離れている

  • 接する

  • 範囲内

プラグインの利用

例として、我々は空港が含まれているアラスカのデータセット内の領域を見つけたい。次の手順が必要です:

  1. QGISを起動してベクタレイヤ regions.shpairports.shp をロードします。

  2. プラグインマネージャ (セクション QGIS コアプラグインのロード 参照 ) で空間クエリプラグインをロードし、そしてQGISツールバーメニューに表示される spatialquery 空間クエリ  アイコンをクリックして下さい。 プラグインダイアログが表示されます。

  3. ソースのレイヤとして regions``レイヤを選択し、参照する地物レイヤとして``airports を選択します。

  4. 地物の場所で ‘範囲内’を選択し**[Apply]**をクリックします。

ここで検索結果の地物IDのリストが得られます.そして figure_spatial_query_1 に表示されている様々なオプションが利用できます.

  • selectesubsetlayer :sup:`リスト内のアイテムでレイヤを作成する`をクリックします。

  • リストからIDを選択し|selectcreatelayer| :sup:`選択からレイヤを作成する`をクリックします。

  • Select the ‘Remove from current selection’ in the field And use the result to selectstring.
  • さらに checkbox :guilabel:`アイテムにズームする`か checkbox :guilabel:`ログメッセージ`の表示を利用できます。

Figure Spatial Query 1:

../../../_images/spatial_query_sample.png

空間クエリ分析 - 領域に含まれる空港 nix