Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

QGISブラウザ

The QGIS Browser is a new panel in QGIS that lets you easily navigate in your database. You can have access to common vector files (e.g. ESRI shapefile or MapInfo files), databases (e.g.PostGIS or MSSQL Spatial) and WMS/WFS connections. You can also view your GRASS data (to get the data into QGIS see GRASS GIS の統合).

Figure browser 1:

../../../_images/browser_standalone_metadata.png

Qgis browser as a standalone application to view metadata, preview and attributes nix

データのプレビューにQGISブラウザを使います。ドラッグアンドドロップによって、簡単にデータをマップと凡例に表示できます。

  1. QGISブラウザの有効:ツールバーで右クリックし、 checkbox:guilabel:`ブラウザ`をクリックします。

  2. 凡例ウィンドウにパネルをドラッグします。

  3. guilabel:`ブラウザ`タブをクリックします。

  4. あなたのデータベースを参照しqgis_sample_dataから shapefileフォルダを選択します。

  5. Press the Shift key and klick on airports.shp and alaska.shp .
  6. マウスの左ボタンを押し、マップキャンバスにファイルをドラッグアンドドロップします。

  7. レイヤ上で右クリックし:guilabel:`レイヤのCRSをプロジェクトに設定する`を選択します。より詳細な情報は:ref:`label_projections`を参照ください。

  8. Click on mActionZoomFullExtent Zoom Full to make the layers visible.

QGISブラウザはスタンドアロンアプリケーションとして実行することも可能です。

QGISブラウザの起動

  • nix コマンドプロンプトで “qbrowser” と入力します。

  • |win|スタートメニューまたはデスクトップのショートカットをつかってQGISを起動するか、QGISプロジェクトファイルをダブルクリックします。

  • osx QGISブラウザはあなたのアプリケーションフォルダでまだ利用可能になっていません。しかし、それは簡単に利用可能にすることができます。Finderで Go ‣ Go to map...`を使用し、`/Applications/QGIS.app/Contents/MacOS/bin``フォルダを見つけます。:kbd:`option - command`のコンビネーションを使用し、アプリケーションフォルダにマウスの左ボタンを押しながら**qbrowser.app**にドラッグします。これで、QGISブラウザを起動するために使用できるリンクを作成します。

In figure_browser_standalone_metadata you can see the enhanced functionality of Qgis browser. The Param tab provides the details of your connection based datasets like PostGIS or MSSQL Spatial. The Metadata tab contains general information about the file (see Metadata Tab). With the Preview tab you can have a look at your files without importing them into your QGIS project. It’s also possible to preview the attributes of your files in the Attributes tab.