` `

はじめましょう

この章では、QGISをインストールする、QGISのWebページからいくつかのサンプルデータ、ラスターとベクターレイヤーを可視化する最初の簡単なセッションを実行する概要を示します。

インストール

QGISのインストールは非常に簡単です。標準のインストーラパッケージは、MS WindowsとMacOSのために用意されています。GNU/Linuxのバイナリパッケージ(RPMとDEB)またはソフトウェアリポジトリの多くの味のために、インストールマネージャに追加するために設けられています。 http://download.qgis.org でQGISウェブサイトでバイナリパッケージの最新情報を取得します。

ソースからのインストール

ソースからQGISをビルドする必要がある場合は、インストール手順を参照してください。それらは INSTALL というファイルにQGISソースコードと一緒に配布されています。また、 http://htmlpreview.github.io/?https://raw.github.com/qgis/QGIS/master/doc/INSTALL.html オンラインでそれらを見つけることができます。特定のリリースをビルドしたい場合の手順は異なる場合がありますので、上記のリンクで(一般的に リリース-X_Y の形で)リリースブランチで master 置き換える必要があります。

外部メディアへのインストール

QGISでは --configpath オプションを定義でき、これによりユーザー設定(例えばLinuxでは ~/.qgis2 )のデフォルトのパスを上書きし、また QSettings がこのディレクトリを使用することも強制します。これは、例えば、すべてのプラグインと設定と一緒にフラッシュドライブ上のQGISのインストールを実行できます。追加情報については、 システム設定 セクションを参照してください。

サンプルデータ

ユーザーガイドは、QGISサンプルデータセットに基づいて実施例を含んでいます。

win WindowsのインストーラにはQGISサンプルデータセットをダウンロードするオプションがあります。チェックした場合、データは マイドキュメント フォルダにダウンロードされ GIS Database と呼ばれるフォルダに置かれます。任意の便利な場所にこのフォルダを移動するには、Windowsエクスプローラを使用できます。最初のQGISのインストール時にサンプルデータセットをインストールするチェックボックスを選択しなかった場合は、次のいずれかを行うことができます。

  • 既にお持ちのGISデータを利用する場合;

  • http://qgis.org/downloads/data/qgis_sample_data.zip からサンプルデータをダウンロード

  • QGISをアンインストールし、データのダウンロードオプションを指定して再インストールします(上記の解決策が失敗した場合にのみ推奨)をチェック

nix osx GNU/LinuxおよびMac OS Xの場合は、rpm、debファイルまたはDMGとして利用できるデータセットインストールパッケージはまだありません。サンプルデータセットを使用するには、 http://qgis.org/downloads/data/ からZIPアーカイブとしてファイル qgis_sample_data をダウンロードし、システムにアーカイブを解凍します。

アラスカデータセットはユーザーガイドの例とスクリーンショットのために使用されるすべてのGISデータを含みます。それはまた、小さなGRASSデータベースが含まれています。QGISサンプルデータセットの投影は、単位フィートのアラスカアルバース等積です。EPSGコードは2964です。

PROJCS["Albers Equal Area",
GEOGCS["NAD27",
DATUM["North_American_Datum_1927",
SPHEROID["Clarke 1866",6378206.4,294.978698213898,
AUTHORITY["EPSG","7008"]],
TOWGS84[-3,142,183,0,0,0,0],
AUTHORITY["EPSG","6267"]],
PRIMEM["Greenwich",0,
AUTHORITY["EPSG","8901"]],
UNIT["degree",0.0174532925199433,
AUTHORITY["EPSG","9108"]],
AUTHORITY["EPSG","4267"]],
PROJECTION["Albers_Conic_Equal_Area"],
PARAMETER["standard_parallel_1",55],
PARAMETER["standard_parallel_2",65],
PARAMETER["latitude_of_center",50],
PARAMETER["longitude_of_center",-154],
PARAMETER["false_easting",0],
PARAMETER["false_northing",0],
UNIT["us_survey_feet",0.3048006096012192]]

GRASS用のグラフィカルフロントエンドとしてQGISを使用する場合は、公式のGRASS GISのウェブサイト http://grass.osgeo.org/download/sample-data/ でサンプル位置(例えば、スピアフィッシュやサウスダコタ州)の選択がみつかります。

QGISを起動

QGISを起動したり終了する

通常、ご使用のプラットフォーム上の他のアプリケーションのために行うとしてスタートQGISが行われます。それはQGISを起動できることを意味します。

  • コマンドプロンプトで qgis と入力し、QGISがPATHに追加されたり、そのインストールフォルダにいると仮定

  • nix プリコンパイルされたバイナリを使用している場合、アプリケーションメニューを使用して、 win スタートメニューまたは osx ドック

  • アプリケーションフォルダまたはデスクトップショートカットのアイコンをダブルクリック

  • 既存のQGISプロジェクト( .qgs )ファイルをダブルクリックする。これはプロジェクトも開くことに注意してください

QGISを終了するには、クリックしてください:

  • nix win メニューオプション プロジェクト ‣ QGISを終了 またはショートカット Ctrlキー+Q を使用

  • osx QGIS ‣ QGISを終了 、またはショートカット Cmd+Q を使用します

  • またはアプリケーションのメイン・インターフェースの右上隅の赤×印を使用します。

コマンドラインオプション

前のセクションでは、QGISを起動する方法を学びました。QGISはさらに、コマンドラインオプションを提供していることがわかります。

コマンドラインから起動するときQGISは多くのオプションをサポートしています。オプションのリストを取得するには、コマンドライン上で QGIS--help 入力します。QGISの使用ステートメントがある:

qgis --help

返します:

QGIS - 2.16.1-Nødebo 'Nødebo' (8545b3b)
QGIS is a user friendly Open Source Geographic Information System.
Usage: /usr/bin/qgis.bin [OPTION] [FILE]
OPTION:
  [--snapshot filename]       emit snapshot of loaded datasets to given file
  [--width width]     width of snapshot to emit
  [--height height]   height of snapshot to emit
  [--lang language]   use language for interface text
  [--project projectfile]     load the given QGIS project
  [--extent xmin,ymin,xmax,ymax]      set initial map extent
  [--nologo]  hide splash screen
  [--noversioncheck]  don't check for new version of QGIS at startup
  [--noplugins]       don't restore plugins on startup
  [--nocustomization] don't apply GUI customization
  [--customizationfile]       use the given ini file as GUI customization
  [--optionspath path]        use the given QSettings path
  [--configpath path] use the given path for all user configuration
  [--authdbdirectory path] use the given directory for authentication database
  [--code path]       run the given python file on load
  [--defaultui]       start by resetting user ui settings to default
  [--dxf-export filename.dxf] emit dxf output of loaded datasets to given file
  [--dxf-extent xmin,ymin,xmax,ymax]  set extent to export to dxf
  [--dxf-symbology-mode none|symbollayer|feature]     symbology mode for dxf output
  [--dxf-scale-denom scale]   scale for dxf output
  [--dxf-encoding encoding]   encoding to use for dxf output
  [--dxf-preset visiblity-preset]     layer visibility preset to use for dxf output
  [--help]            this text
  [--]                treat all following arguments as FILEs

FILE:
  Files specified on the command line can include rasters,
  vectors, and QGIS project files (.qgs):
   1. Rasters - supported formats include GeoTiff, DEM
      and others supported by GDAL
   2. Vectors - supported formats include ESRI Shapefiles
      and others supported by OGR and PostgreSQL layers using
      the PostGIS extension

ちなみに

コマンドライン引数利用例

コマンドラインで1つまたは複数のデータファイルを指定することで、QGISを起動できます。たとえば、 qgis_sample_data ディレクトリにいると仮定すると、次のコマンドを使用することで、起動時にベクターレイヤーとラスターファイルをロードするように設定されたQGISを起動できます: qgis ./raster/landcover.img ./gml/lakes.gml

コマンドラインオプション --snapshot

このオプションを使うとPNG形式で現在のビューのスナップショットを作れます。この機能によって、多くのプロジェクトがある場合でも簡単にスナップショットを作成できます。

このオプションを使うと800x600 ピクセルのPNGファイルが作成されます. --width--height をコマンドライン引数に加えることでサイズの調整ができます. --snapshot の後にファイル名を指定できます.

コマンドラインオプション --lang

地域に基づいて、QGISは正しい言語対応を選択します。言語を変更したい場合は、言語コードを指定できます。例えば、 qgis --lang it はイタリア語対応でQGISを起動します。

コマンドラインオプション --project

既存のプロジェクトファイルをQGISを起動することも可能です。プロジェクト名の後に --project コマンドラインオプションを追加するだけで、QGISは与えられたファイル内のすべてのレイヤーがロードされて開きます。

コマンドラインオプション --extent

ある地図の領域を指定してQGISを起動する場合はこのオプションを使います.この場合 下記のようにカンマで区切られた書式の領域指定で領域を包含する長方形を指定する 必要があります:

--extent xmin,ymin,xmax,ymax

コマンドラインオプション --nologo

QGISを起動するときにこのコマンドライン引数は、スプラッシュ画面を非表示にします。

コマンドラインオプション --noversioncheck

起動時にQGIS の新バージョンをチェックしないでください。

コマンドラインオプション --noplugins

起動時にプラグインのトラブルがある場合、起動時にプラグインのロードを無効にできます。それらのプラグインは後からプラグインマネージャで有効にすることができます。

コマンドラインオプション --customizationfile

このコマンドライン引数を使うと、ファイルに定義したGUIカスタマイゼーションが起動時に利用されます。

コマンドラインオプション --nocustomization

このコマンドライン引数を使うと、設定してあるGUIカスタマイゼーションが適用されないで起動されます。

コマンドラインオプション --optionspath

複数の構成を持っておいて、このオプションでQGISを起動するときにどれを使用するか決定できます。オペレーティングシステムが設定ファイルを保存する場所を確認するには オプション を参照。現在、設定を書き込むファイルを指定する方法はありません。そのため、元の設定ファイルのコピーを作成し、その名前を変更できます。オプションには設定でディレクトリへのパスを指定します。例えば、/path/to/config/QGIS/QGIS2.ini 設定ファイルを使用するには、このオプションを使用します:

--optionspath /path/to/config/

コマンドラインオプション --configpath

このオプションは上記のひとつと似ています,しかしユーザー構成のデフォルトパス (~/.qgis2) を上書きし QSettings を利用します.これによってたとえばユーザーは QGIS インストレーションをすべてのプラグインおよび設定と一緒にUSBドライブで持ち出すことができます.

コマンドラインオプション --authdbdirectory

再び、このオプションは上記のものと同様ですが、認証データベースを格納するディレクトリへのパスを定義します。

コマンドラインオプション --code

このオプションは、QGISが開始された直後の一定のpythonファイルを実行するために使用できます。

例えば、以下の内容の load_alaska.py という名のpythonファイルをもつ場合:

from qgis.utils import iface
raster_file = "/home/gisadmin/Documents/qgis_sample_data/raster/landcover.img"
layer_name = "Alaska"
iface.addRasterLayer(raster_file, layer_name)

ファイル load_alaska.py が配置されているディレクトリにいると仮定して、QGISを起動し、ラスターファイルをロードできます。 landcover.img をし、次のコマンドを使用してレイヤーに名前「アラスカ」を付ける: QGIS--code load_alaska.py

コマンドラインオプション --dxf-*

これらのオプションは、DXFファイルにQGISプロジェクトをエクスポートするために使用できます。いくつかのオプションが用意されています。

  • –dxf-export : レイヤーを出力するDXFファイル名;

  • –dxf-extent : 最終DXFファイルの範囲;

  • –dxf-symbology-mode :ここでは、none(シンボルなし)、symbollayer(シンボルレイヤシンボル)、feature(地物シンボル)の値を使用できます。

  • –dxf-scale-deno: シンボルの縮尺分母;

  • –dxf-encoding: ファイルのエンコード

  • –dxf-preset :視界のプリセットを選択します。これらのプリセットはレイヤーツリーに定義されます、 レイヤーパネル を参照。

サンプルセッション:ラスターとベクターのレイヤーをロードする

今、QGISがインストールされて使用可能なサンプルデータセットがありますので、短くて簡単なQGISサンプルセッションを例示したいと思います。ラスターおよびベクターレイヤーを視覚化します。以下を使用します:

  • landcover ラスターレイヤー 、すなわち qgis_sample_data/raster/landcover.img

  • および lakes ベクターレイヤー 、すなわち qgis_sample_data/gml/lakes.gml.

  1. QGISを起動したり終了する で見たようにQGISを開始

  2. addRasterLayer ラスターレイヤーを追加 アイコンをクリックします。

  3. フォルダ qgis_sample_data/raster/ を開いて ERDAS Imgファイル landcover.img を選択した後 [開く] をクリックして下さい.

  4. ファイルが表示されない場合は、ダイアログ下部の ファイルタイプ selectString コンボボックスが正しいタイプに設定されているかチェックします、この場合には Erdas Imagine画像( *.img *.IMG)

  5. 次に、addOgrLayer ベクターレイヤーを追加 アイコンをクリックします。

  6. ベクターレイヤーを追加 ダイアログでソースタイプとして radioButtonOn ファイル が選択されている必要があります 。ここで [Browse] をクリックしてベクターレイヤーを選択して下さい。

  7. qgis_sample_data/gml/ フォルダを開いて Files of type selectString コンボボックスで 地理マークアップ言語 [GML] [OGR] (*.gml,*.GML) を選択して下さい.それからGMLファイル lakes.gml を選択し [開く], をクリックして下さい.そして ベクターレイヤーを追加 ダイアログで [OK] をクリックして下さい。 座標参照系セレクタ ダイアログで NAD27 / Alaska Alberts を選択し [OK] をクリックします。

  8. いくつかの湖であなたのお気に入りのエリアに少しズームしてください。

  9. 地図凡例にある lakes レイヤーをダブルクリックして プロパティ ダイアログを開いて下さい。

  10. スタイル タブをクリックして塗りつぶし色として青を選択して下さい.

  11. ラベル タブをクリックしてドロップダウンメニューで このレイヤーにラベルを表示 を選択することでラベルを有効にします。その後、 これでラベルする リストから、ラベルを含むフィールドとして NAMES フィールドを選択します。

  12. ラベルをより読みやすくするため、周りに白いバッファを追加できます。 バッファ を左の一覧でクリックし、checkbox テキストバッファを描画 をチェックし、バッファサイズとして3を選択します。

  13. [適用] をクリックして下さい. 結果をチェックしてよければ最後に [OK] をクリックして下さい。

QGISでラスターとベクターレイヤーを可視化することがいかに簡単かを見ることができます。この後のセクションに移って、利用可能な機能、機能や設定、およびその使用方法の詳細について学びましょう。

プロジェクト

QGISのセッション状態はプロジェクトとして見なされます。QGISは、1度に1つのプロジェクトとして機能します。設定はプロジェクトごと、または新規プロジェクトについてはデフォルトのいずれかであると見なされます( オプション のセクションを参照)。QGISでは、メニューオプション プロジェクト ‣ fileSave 保存 または プロジェクト ‣ fileSaveAs 名前を付けて保存... を使用して、プロジェクトファイルにワークスペースの状態を保存できます。ディスク上にロードされたプロジェクトファイルは、その間に変更された場合は、プロジェクトファイルに変更を上書きしたい場合は、デフォルトでは、QGISが聞いてきます。この動作は 設定 ‣ オプション ‣ 一般 メニューの下の checkbox 必要なときプロジェクトとデータソースの変更を保存するプロンプトを出す をチェックすることで設定されます。

プロジェクト ‣ fileOpen 開く... , プロジェクト ‣ テンプレートから新規 または プロジェクト ‣ 最近使用したものを開く ‣ を使用して保存したプロジェクトを QGISセッションにロードします。

起動時に、(10まで)最も最近のプロジェクトのそれぞれの名前とパスを持つスクリーンショットのリストではなく、白と空のマップキャンバスの示されています。これは、プロジェクトが約だったと行が選択されたプロジェクトを開くダブルクリックし何を覚えて便利かつ迅速な方法です。新しいプロジェクトを作成するために喜んでいる場合は、単に新しいレイヤーを追加し、リストが消えます。

セッションをクリアし、新たに起動したい場合は、プロジェクト ‣ fileNew 新規 を選択します。これらのメニューオプションのどちらかは、それが開かれたか、最後に保存されて以降、変更が行われた場合、既存のプロジェクトを保存するように求められます。

以下の情報はプロジェクトファイルに保存されます:

  • 追加されたレイヤー群

  • どのレイヤーをクエリできるか

  • レイヤーのプロパティ、記号化とスタイルを含めて

  • 地図ビューの投影法

  • 最後に表示された範囲

  • プリントコンポーザ

  • 設定付きのプリントコンポーザ要素

  • プリントコンポーザ地図帳設定

  • デジタイズの設定

  • テーブルのリレーション

  • プロジェクトマクロ

  • プロジェクトデフォルトスタイル

  • プラグイン設定

  • プロジェクトプロパティ中のOWS 設定タブからのQGISサーバー設定

  • DB Managerに格納されたクエリ

プロジェクトファイルはXML形式で保存されるので、何をしているかわかっていればQGIS外でそのファイルを編集することも可能です。ファイル形式は、以前のQGISのバージョンと比較して、数回更新されました。古いQGISのバージョンからのプロジェクトファイルは、もはや正常に動作しない場合があります。このことを認識させるには、 設定 ‣ オプション 下の 一般 タブで、 checkbox QGISの古いバージョンで保存されたプロジェクトファイルを開くときに警告します をティックする必要があります。

QGISでプロジェクトを保存するたびにプロジェクトファイルのバックアップが拡張子 .qgs~ で作られます。

出力

QGISセッションからの出力を作成するには、いくつかの方法があります。プロジェクトファイルとして保存し、 セクション プロジェクト ですでにひとつ議論してきました。ここでは、出力ファイルを生成する他の方法のサンプリングは次のとおりです。

  • メニューオプション プロジェクト ‣ saveMapAsImage 画像として保存... では、画像の名前、パスおよび種類(PNG、JPG、および他の多くの形式)を選択し、ファイルダイアログを開きます。ジオリファレンスされた画像と同じフォルダに PNGW または JPGW という拡張子のワールドファイルが保存されます。

  • メニューオプション プロジェクト‣ DXF書き出し... は 「シンボルモード」 、「シンボル縮尺」およびDXFに書き出ししたいベクターレイヤーを指定するダイアログを開きます。「シンボルモード」を通じて元のQGISシンボル体系からのシンボルは忠実に書き出しできます。

  • メニューオプション プロジェクト ‣ newComposer 新しいプリントコンポーザ はレイアウトと現在の地図キャンバスを印刷できるダイアログを開きます (セクション プリントコンポーザ を参照)。